シラオイ式 太陽光利用型多段式水耕栽培

低コスト植物工場

48.6φパイプハウスで植物工場を実現。

設備投資を抑え、

多段式棚で効率的な水耕栽培を可能にする。

 

安さの理由

太陽光を最大限に活用

 

昼間はハウス内に太陽光を取り込み、日照と室温を

確保します。電気料金の削減につながります。

鉄骨波の強度で価格は半分!?

大口径厚肉パイプ(48.6φt2.4 ㎜)を曲げ加工。

北海道、東北、北陸などの豪雪地帯や台風直撃の九

州で実績があります。

栽培は必要最小限のシンプルな棚で

栽培棚は無駄を無くし、栽培に必要最小限の要素で

作られております。

エコマットで光熱費削減

 

太陽光で温められた室温を夜間は保ち、夏場の冷房

効果を UP させます。

クイ打ち込み方式で建築確認不要

基礎は不要です。ビニール張りの農業用ハウスなの

で建築確認申請をする必要がなく、用地を選ばず建

てられます。

あえて“蛍光灯型”照明を採用

LED 照明によるエコ節電が主流ですが、コスト面と省エネを兼ねた蛍光灯型の照明に採用しています。

フォトギャラリー 

*画像クリックで拡大します。

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
シラオイ式 太陽光利用型多段式水耕栽培

低コストで野菜工場

工場型の水耕栽培は最近注目を浴びていますが、設備投資が高く採算をとるのが難しいのが現状です。

そこで当社はこれまでの常識を無くし、初めに採算性・コストの面から水耕栽培設備を考案しました。

これまでの工場型水耕栽培設備は坪当たり 100~120 万円が相場と言われています。さらに光熱費などの費用を考えると、市場相場の 2~3 倍の単価設定が必要になります。

当社は植物が成長する環境と効率を考えて、ムダな設備を削り落とすこと、省エネであることに重点を置きました。太陽光線・熱量を最大限に活用します。昼間はハウス内に太陽光を取り込み、夜間は断熱エコマットでハウス内の保温、冷房効果の UP を図ります。

●冷暖房費のランニングコストが高すぎる

●建築坪単価が高く採算が合わない

●建築確認申請がネック

基本仕様 シラオイ式太陽光利用型多段式水耕栽培

ハウス

設備

パイプ

サイズ

被覆材

空調

換気

栽培棚

照明

基礎

屋根型

外張支柱:直径 48.6φ t=2.4

内張支柱:直径 25φ t=1.2

間口~10.8m 肩高~3.5m

奥行~制限無し スパン~1.2m

中温用エアコン・温風ボイラーなど

有圧換気扇・電気式シャッタ・風圧式シャッタ・対流ファン・自動巻上機

メッキアングル・軽天・ボルトナット・スタイロフォーム・ポンプ

蛍光灯型照明 

無し(クイ打込み式)

切妻型

農ビニール・エコマット・遮光ネットなど

間口 10.8m、肩高 3.5m、スパン 1.2m の範囲内でお客様の用途に合わせてオーダーメイド設計致します。

ドア、シャッターも取付可能です。また散水・換気・暖房設備の設計・施工も承りますのでご相談ください。

​●水耕栽培に関してのお問い合わせは‥

アセット 8-8.png